歯科口腔外科
 
口腔外科
歯科口腔外科とは、口に中の外科的な治療を行います。
代表的な治療は、顎骨の中に埋まっている親知らずの抜歯や
口に中にできる「できもの」の切除などもいたします。
歯科口腔外科と聞くと「切ったり縫ったりしそうで恐い」
というイメージを持たれると思いますが、実際に口腔外科分野は、そういう治療ばかりではありません。
親知らずの手術以外にも、親知らずの痛みや、アゴがカクカクと音がするなどの症状がある方はぜひご相談下さい。
時間はかかると思われますが、ご一緒に治療を進めて行きましょう。
 
 
智歯(親知らず)の治療
Wisdom tooth
親しらず

智歯(親知らず)は、現代人では萌出するスペースがなく、埋まったままで出てこなかったり、出てきても少しだけで完全に出てこなかったりします。
そのため、智歯周囲に炎症が起こりやすくなります。
このように、下顎埋伏智歯(下顎に埋まったままの親知らず)は、重症感染を誘引するほか、顎の骨の骨折を誘因したり、歯原性のう胞(歯が原因でできる袋状の病変)や歯牙種(歯が原因でできる腫瘍の一種)の原因になったりします。
また、顎関節症や、智歯の1つ前の歯がむし歯や歯周疾患に、なりやすくなったりします。

智歯を抜歯した場合のメリット 智歯を抜歯した場合のデメリット
 
 
顎関節症
TMJ arthrosis
顎関節症

顎が開けにくい、痛みがある、カクカク鳴るなどの症状がある場合、これらを総称して顎関節症と呼びます。
これはいったいどのようにして起こるのでしょうか?
これには、まず顎間接と呼ばれる上顎と下顎の間にある間接の仕組みについて知る必要があります。上顎の歯列と下顎の歯列は左右の耳の穴の少し下前方の部分で間接を介してつながっています。
この顎の間接(顎間接)には関節円板といういわばクッションのような組織が存在し、上下の顎の骨が直接こすれないような仕組みになっています。
口を開けるという動作には、上顎のくぼみに沿って丸い形をした下顎の骨(間接頭)が、このクッションを間に挟んだ形でスムーズに動くことが必要です。
顎が痛く口が開けにくい、口を開けるときにカクッと音がするといった症状の原因には、この関節円板というクッションの障害をはじめ、さまざまな原因が複雑に関係している場合が考えられます。

その主な原因は下記のようになります。

上記にあげた原因のうちどれが主に影響しているか、また、それぞれの原因がどのような形でかかわりあっているかを見つけるには視診、触診、問診、顎間接の聴診やレントゲン写真検査などが必要です。
その診察結果をもとに、噛み合わせや関節円板の位置を調整する為の多種多様な方法から、患者様にベストな治療法で治療させていただきます。

 
 
腫瘍などの手術
Tumor
良性の線維腫

すべて保険診療の対象です。しかし、一般の歯医者でできる腫瘍の手術には限界があります。
また、良性か悪性かの見極めも重要です。歯医者では、基本的には良性で安全な腫瘍の摘出を行いますが、判断を誤って悪性腫瘍(癌など)を摘出してしまい、取り残しがあれば転移のリスクを上げることにもなってしまいます。

そこで当院では、良性と診断できたものだけをレーザーを用いて摘出しています。
線維腫・乳頭腫・エプーリス・粘液腫などは、明らかに良性と診断できるので、これらについては当院で摘出手術を行っています。

レーザーを利用すれば出血も痛みもほとんどありませんし、術後の治癒も良好です。
悪性の疑いがあるもの、および診断した病名が前癌病変に属する場合は、大学病院を紹介しています。神戸市中央区にあります中央市民病院または神戸大学附属病院の口腔外科と連携しています。

 
 
外傷性咬合
Traumatic occlusion

咬合した時に、歯にかかる力が、その歯が持っている負担能力を超えて強くかかる時、歯はダメージを受けます。
これを、外傷性咬合といいます。ちょうど、突き指のような感じです。外傷性咬合によるダメージを受けると、咬むと痛いという症状が起こります。
原因は、歯の負担能力を超えた咬合力ですので、咬合時に歯が受ける力を小さくすれば治癒します。具体的には、咬合しているところを僅かに削って、歯が受ける力の量を調整します。これを、咬合調整といいます。

 
 
医療機器について
医療機器について
MEDICAL DEVICE
見えないところでの安全性を徹底!
医療機器等の滅菌処理。
 
安全への取り組み
安全への取り組み
Commitment to safety
当院は、緊急時の対応及び
感染症の対策を行っております
 
インプラント専用サイト
インプラント専用サイト
IMPLANT
最高の安全性と確かな技術で、
安心できるインプラント治療。
海岸通デンタルクリニック