審美歯科
 
審美歯科
自身にあふれた笑顔は内面の輝きをも映し出す鏡。
「幸せな気持ちになれること」も治療目的と考えています。
審美治療とは
審美治療とは、簡単に言うと「歯」を美しくする治療です。 歯そのものの美しさだけではなく、口元の印象を決めるスマイルラインや、歯ぐきの色や健康状態など、さまざまな要素を含む歯科治療です。
審美治療とは、つまり、本来人間が正常に持っている歯の機能性を兼ね備えた美しさの回復を図る、ということです。
患者様の「歯」の悩みを解決しようとする場合、それぞれに応じた適切な治療が必要になります。 審美治療では、口元をデザインするセンスも含めた医師の高度な技術、豊富な経験、そして、設備の充実なども重要な要素となります。 また、患者様のご要望実現のために、どのような治療方法が最適なのかを検討する上では、カウンセリングもより丁寧に行わなければなりません。 当院では、患者様が「幸せな気持ちになれること」も治療目的のひとつと考えています。
審美治療における大切な5つの柱
  • 咬み合わせ、歯並びに関する知識と技術
  • 歯周組織の外科的整形術の知識と技術
  • トータルな美しさと長期使用に耐えられるものを提供できる技術
  • 美しい人工歯を作ることのできる優秀な技工士の存在と十分な連携
  • 治療計画・診断のためのオプションの豊富さと経験・および実績
 
 
セラミックインレー
Ceramic inlay
セラミックインレー セラミックインレーは、虫歯を削ってセラミックの詰め物を合着し、きれいにする方法です。
インレー法で使う詰め物には、従来金属が使用されていましたが、審美性を高めるためセラミックを使用するセラミックインレー法が開発されました。虫歯が比較的小さくその範囲が狭い場合や、奥歯の金属の詰め物が気になる方に用いられます。
金属と違って歯の色を自由に調整できますので、美しく自然な仕上がりが期待できます。虫歯の部位が大きく、インレー法では治療が困難な場合はセラミッククラウン法で治療することもあります。
 
 
セラミッククラウン
Ceramic crown
メタルボンド
メタルボンドクラウン
メタルボンドとは、内面は金属、表面はセラミックスでできたかぶせ物のことをいいます。
セラミックスは変色せず、審美性に優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという弱点があります。一方で、金属は強度がある反面、審美性に劣るという欠点があります。
メタルボンドは、セラミックスのよい面と金属のよい面をもち合わせた、見た目に美しく、丈夫なかぶせ物です。審美歯科治療では最も多く使用されています。
オールセラミック
オールセラミックスクラウン
歯の表面を削り、そこにセラミック(陶材)のみで製作したクラウン(冠)を合着させて歯の色、形、歯並びなどの審美的要素をトータルに修復、改善する方法です。
セラミックの美しくすばらしい材質の特性を充分に生かし、本来の天然歯と同じか、それ以上の色調、形態を再現し、審美的効果が高い治療法です。
従来型の金属にポーセレンを溶着させる治療法と違う点の第一は、金属を全く使用しないので、金属に遮蔽されることなく、光の透過が天然の歯とほとんど変わらないという点にあります。このため、透明感のある自然な歯が再現できるのです。
第二に、金属を使用しないので、従来型のように歯肉の金属イオンが放出され、それが刺激となってメラニン細胞が増え、歯肉が黒染してしまうということがありません。このオールセラミッククラウンは歯肉にとって有害な作用がなく、やさしい材料による修復といえます。
ジルコニアクラウン
ジルコニアクラウン
ジルコニアは、白色の固体で融点は2715℃と高く、高強度で透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから模造ダイヤモンドとも呼ばれています。
ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、白色のジルコニアを使用したものです。
金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。
 
 
ラミネートベニア
Laminate benia
ラミネートベニア ラミネートベニア法は、先天的に歯の色が変色している場合や ホワイトニングなどでは歯が思うように白くならない方に有効な治療法です。
歯の表面をダメージがないように少し削り、ネイルチップのような薄いセラミック素材の着け歯(シェル)を強力な接着剤で貼りつけてコーティングする方法で、治療期間は3回程度の通院で済みます。
材質はセラミックですから、歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。 歯を白くするだけでなく、セラミック片の形や大きさを調整することで、多少の歯のすき間や歯並びの悪さもカバーできます。
安全で耐久性があり、しかも仕上がりが自然なところから、変色歯の治療の中では最も人気が高い治療法といえます。
 
 
ノンクラスプデンチャー(金属バネの無い入れ歯)
Non-clasp denture
ノンクラスプデンチャー ノンクラスプデンチャーとは「金属バネのない入れ歯」のことです。
ノンクラスプデンチャーは、入れ歯とわからないほど自然で、薄く軽いので、 つけ心地がよく違和感もありません。
今までの入れ歯は金属のバネが不可欠で、 バネをかける歯にも大きな負担がかかっていました。
ノンクラスプデンチャーなら、大きく口を開けても金属が見える心配もなくなり、 食事や会話など、あなたの日常が快適なものになるでしょう。
 
 
オフィスホワイトニング
Office whitening
オフィスホワイトニング
ビヨンドシステムにより、短時間で安全に歯を白くできます。

医院で行うオフィスホワイトニングは、1回の効果が高く、約1時間で済みますので短時間で負担なくホワイトニングができます。 忙しい方や、特定の日までに白くしたいという方に最適です。
海岸通デンタルクリニックでは、医院で行うホワイトニング・システムとしては、日本でNo.1の導入実績をもち、体に優しいビヨンド社製を採用いたしました。 歯を削ったり、色を塗ったりしないで、ホワイトニング薬液(過酸化水素水)を活性化させる光を利用しますので、安心してホワイトニングを受けていただけます。

ビヨンドシステムの特徴

ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、過酸化水素は「光」によってさらに効果的に働きます。 同じ薬剤を同じ時間使用したとしても光をあてないのとあてるのではその効果は3倍違っており、光を照射するオフィスホワイトニングが短時間でできる理由にもなっています。

ホワイトニングでは、LEDやメタルハライド(紫外線)等様々な種類の光を利用しますが、一番効果が高いのがハロゲンを利用した光です。しかしハロゲン光を当てると言う事は同時に強い発熱が伴い、この熱が歯や歯肉を痛める結果になっていました。 ビヨンドシステムでは、ハロゲン光を特許取得済みの特殊フィルターによりパワーを維持しつつ、熱を抑制することで、安全・安心なホワイトニングを可能にしました。

  • 発熱がなく、紫外線も完全にカットされているので歯に安全
  • 短時間(約1時間)で効果が表れます。
  • 日本でNo.1の導入実績
  • 歯自体を削ったり、溶かしたりしないので安心
ホームホワイトニング
Home whitening
ホームホワイトニング
ご自宅で好きなタイミングでできるホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯科医院で指導を受け、ご自宅で患者さまご自身が行うホワイトニングのことをいいます。
患者さまの歯並びにフィットしたマウストレーを作成し、それにホワイトニングジェルを注入して装着するだけ。手軽にできるのが特徴です。

当院では、ホームホワイトニングにナイトホワイトまたはオパールエッセンスを使用しております。
オパールエッセンスは、アメリカでは最もポピュラーで安全であると米国歯科医師が認めたホームホワイトニングの1つです。オパールエッセンスは日常の生活による黄ばみから加齢等まで、内部から歯の有機成分に働きかけ安全かつ効果的に歯を白くします。

ホワイトニングジェルの濃度も、10.15.20.25パーセントを取り揃え、痛みが出にくい濃度を患者さんに合わせて提供できます。また、フレーバーもミントやメロンなどお選びいただけます。

 
 
医療機器について
医療機器について
MEDICAL DEVICE
見えないところでの安全性を徹底!
医療機器等の滅菌処理。
 
安全への取り組み
安全への取り組み
Commitment to safety
当院は、緊急時の対応及び
感染症の対策を行っております
 
インプラント専用サイト
インプラント専用サイト
IMPLANT
最高の安全性と確かな技術で、
安心できるインプラント治療。
海岸通デンタルクリニック