滅菌へのこだわり
 
滅菌の必要性
--
院内感染とは
院内感染とは医療器具や設備の滅菌消毒が不十分なために、患者様や医療スタッフに感染症がうつってしまうという大変な問題です。
感染症の代表的なものとして、ウィルス性肝炎(HAV/HBV/HCV)・エイズ(HIV)などがあります。
病原性をもったウィルスや細菌が滅菌の不十分な医療器具などを介して患者様から他の患者様、医療スタッフへ感染してしまうのです。
海岸通デンタルクリニックではそのようなことは決してあってはならないと考えています。
歯科医療界の問題点
歯科医療界の問題点
2014年5月18日の読売新聞によると、タービンを滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかったそうです。
[記事全文]

歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。

調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。

滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。

別の県でも同じ調査を07~13年に4回行い、使い回しの割合は平均71%だった。

研究班の泉福英信・国立感染症研究所室長によると、多くの歯科では、人手や費用がかかり、簡単な消毒や洗浄をしただけで繰り返し使っているとみられる。

厚生労働省によると、歯科での院内感染は原因の特定が難しく、国内で明らかになった例はない。

感染症に詳しい浜松医療センターの矢野邦夫副院長は「簡単な消毒では、機器を介して患者に感染する恐れのあるウイルスもある。十分な院内感染対策を取ってほしい」と話している。

滅菌消毒をきちんと行うためには、膨大な人件費と経費がかかります。しかし、感染予防対策は決してお金に代えられないものです。
患者さんに安心で安全な治療を提供するために最大限に感染予防対策に力を入れています。
 
 
徹底した滅菌で院内感染予防
--
当医院では、最先端の滅菌システムで万全の院内感染対策を行っております。
ハンドピース
歯を削るドリル、ハンドピース類は患者さんごとに、使用後すぐにオイル洗浄を行い高速滅菌器にかけています。
患者さんごとに滅菌したものに毎回交換しています。

基本セット等
ミラーやピンセット、探針、エキスカなど、治療に必ず必要な基本セットです。
滅菌パックに入れて保管し、使用する直前に開封するので、衛生的です。

ディスポーザブル製品の利用
滅菌できない紙コップ・エプロン・注射針・麻酔液・グローブなどは、ディスポーザブル(使い捨て)としております。

 
 
医療機器について
医療機器について
MEDICAL DEVICE
見えないところでの安全性を徹底!
医療機器等の滅菌処理。
 
社会貢献
社会貢献
One Push for One Vaccine
海岸通デンタルクリニックが行っている
社会貢献活動の1つです。
 
安全への取り組み
安全への取り組み
Commitment to safety
当院は、緊急時の対応及び
感染症の対策を行っております
海岸通デンタルクリニック