医療機器について
 
アーム型X線CT診断装置
Computed tomographic
AUGE SOLIO
精度の高い「検査」で正確な「診療」を可能にする
従来の2次元の歯科用レントゲンとは違い3次元CTは、お口の環境や歯根の形状、骨の状態までより詳細に正確な検査することができ、しっかりとした治療計画を立てることが可能です。
また、画像を診療チェア前のモニターに映し出し、患者様にもご確認いただいていおります。
歯科用CTのメリット
病巣を立体的に把握し治療に活かせます

歯だけでなく、顎の内部構造や上顎洞の形態、粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できるので、 これまでの2次元的なレントゲンではわかりにくかったところも見落とすことなく、適切な治療をすることができます。
さらに、治療内容に合わせた10パターンの撮影モードがあります。 そのため、一度のCT撮影で発見できる症状が増え、より症状が軽い段階での治療を可能にし、患者さんの負担を軽減します。

歯科専用CTなので被爆量が少なく安心です

CTと聞くと一般の方は、医科用CTは横たわるCTをイメージしがちですが、歯科用CTは座ったままでの撮影となります。
また、撮影時間がかなり短く約10秒ほどで済むので、被ばく線量が医科用CTの1/8~1/50になります。

歯科専用CTなので被爆量が少なく安心です
 
 
炭酸ガスレーザー
Carbon dioxide laser
オペレーザーPRO
身体に優しいCO2レーザーを使った治療
当院のレーザー治療機器は、歯科用炭酸ガスレーザーでは、NO.1のシェアを誇る、株式会社ヨシダ製の炭酸ガスレーザー「オペレーザーpro」を導入しています。 CO2レーザーは通常のメスや電気メスに比べて生体組織への侵襲が少ないため、組織皮下層へのダメージが少なく、施術の時間短縮による患者さんのストレス軽減ができます。
炭酸ガス(CO2)レーザーによる治療効果
 
 
高圧蒸気滅菌器
Autoclave
高圧蒸気滅菌器

当院では歯周外科・インプラント等の外科手術が多く、院内感染予防の重要性については特に深く理解しており、院内感染予防として全ての器具に対し2重3重の滅菌・消毒システムを導入しております。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

内部を飽和蒸気により高温及び高圧にする滅菌機器(オートクレーブ)です。あらゆる菌による院内感染を防ぐ為に、お口の中に直接入る器具を高温・高圧により滅菌致します。
歯科医院で幅広く使用されている滅菌機器です。

小型高圧蒸気滅菌器(プチクレーブ)

使用頻度が高い歯を削るためのタービン、口の中の水分を吸うバキューム、お口の中に入る全ての治療器具を素早く滅菌できるのが小型高圧蒸気滅菌器(プチクレーブ)です。
海岸通デンタルクリニックでは、ハンドピース等はすべて患者さんごとに滅菌いたしております。

海岸通デンタルクリニッククリニックは厚生労働大臣が定める歯科外来診療環境体制加算の施設基準を満たしていると、社会保険事務局から認められています。これは安心、安全な診療環境を整備している事に対する国の評価です。

 
 
CGF専用遠心分離機
CGF Centrifuge
CGF専用遠心分離機
自己血液由来の骨充填剤で感染リスクの減らす
通常、怪我をして血管が破れると、その血管の穴を埋めるために血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンという物質が形成され、傷口をふさいで出血を止め傷の治りを促進します。
CGFとは、このフィブリンを人工的に作製したもので、患者さんご本人から採血された血液(約10cc)を、MEDIFUGEという遠心分離機にかけて作製します。患者さんから採血した血液に、 添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる完全自己血液由来のフィブリンゲルです。
添加物・人工物を使用しないので感染リスクを大幅に軽減できるだけでなく、免疫拒絶反応の心配もありませんので、人工物を使用する際と比べて安全性が非常に高いと言えます。
CGF専用遠心分離機のメリット
 
 
医療機器について
医療機器について
MEDICAL DEVICE
見えないところでの安全性を徹底!
医療機器等の滅菌処理。
 
社会貢献
社会貢献
One Push for One Vaccine
海岸通デンタルクリニックが行っている
社会貢献活動の1つです。
 
安全への取り組み
安全への取り組み
Commitment to safety
当院は、緊急時の対応及び
感染症の対策を行っております
海岸通デンタルクリニック